カルセドニー

Anaïs_1

001carameliser_1

Applejamで制作したなかから、ピックアップした制作を集めた CRÈATION LEJに、 Anaïs(アナイス)carameliser(キャラメリゼ)を載せました(別ウインドウが開きます)。

カルセドニーも大好きな天然石のひとつで、とくにこの二点のようにネックレスのトップとして使う時には特別に好き、なものを使います。とろりとした印象の天然石に、レザーコードはぴったり。長さも調整出来るようにすることが多いので、ショートにしたりロングにしたり、バッグのハンドルに付けて楽しんで下さっているお客さまもいらっしゃいます。

こんなシンプルな制作も、とても大切にしています。

旅のこと

0057

POÈTIQUE LEJに、 旅のこと を書きました。

この写真は、昨年9月のブルターニュ地方の街、サンマロでのもので、大好きな一枚です。

からだのお話

湿度90%の日で一日雨。今日は美容室に行って来ました。

背中まであるロングで、普段はシニョンにしています。私の年齢で髪が傷んでいると、伸ばしている意味がなくなってしまうので、普段から健康でいることに気をつけています。健康を心掛けているのは髪だけではなくて、肌も爪も歯も心もです。

どんな季節も公私いろいろあっても、美容室には必ず3週間に一度は行っていて、それを15年間以上続けています。自慢でもなんでもなく、ただ美容室が好きだから(笑)その間には、担当してくれるデザイナーさんがどんどん代替わりしたり独立したりされました。なぜか、担当者はいつも30才代前後の男性です。いろいろな意味で、これは私にとって良いことなのだと思っています。

写真は、an.an誌。新しい号が出ているので、少し前のものです。なぜ diary に載せるのかと言うと、表紙があまりに素敵だからです。松島 花さん。普段はテレビをまったく観ないので、彼女のことは知りませんでした(汗)けれど、あまりに、あまりに素敵なカバーなのでそのためだけに買ったan.an、何十年ぶりのことでしょう。でも、きっと永久保存版になります。

ファッション誌は、最寄り駅に行くまでの間に大きな書店があるので20冊くらいを定期観測していて、見本誌をぱらぱらとめくり、年間でパリやフランスの特集があれば買ったり、今回のように見とれるページが一ページでもあれば買います。この号のタイトルは「おいしい カラダ♥」。

綺麗って、きっと関心を持ち続けること、気にし続けることなのだろうと思っています。それから、きっと、ひとにも自分にも優しくて寛容であることなのだろうなと、最近思っています。

この夏のフランス

フランスに出掛ける日が近づきました。

ここ数ヶ月はサイトのブランド名を変える作業に没頭して、眠っている時間以外はほとんど、モニタか天然石を見ていたかのような気がします(笑)ようやく、今日、頭が遊ぶことへと切り替わりました。

写真は昨夏のプロヴァンスで撮ったもので、私の、フランスの地方好きがはっきりした夏でした。この夏も林のなかでゆっくりしますけれど、南仏はどうも暑すぎて、どちらかと言うと東のほうか北のほうが合っているようです。肌や瞳が光の強さに慣れていないので、サングラスをしても目を傷めてしまいます。

まずはパリへ。今回は、バトー・ムーシュ(セーヌ川の遊覧船)に乗れるのがこの上なく楽しみです。ツアーであればほとんどが組み込まれているようなのに、一人旅だった私は未経験でした。せっかくなら夜景を見られる時にと思っているうちに、機会を逸していました。「未だに乗ったことがない、一度乗ってみたい」と言うと、フランスの友人に笑われてしまいましたが、それならと実現です。それから、装飾美術館でのドリス・ヴァン・ノッテン「インスピレーションズ展」。さらには、 diary では書いて来なかったような気がするのですが、実はとても気になるFIFAワールドカップの行方。

フランスは、得点もなかなか持っていて、負けた試合がないので、もしかしたらかなりのところまで行くのではと思っています。26日のエクアドル戦は引き分けて、次は日本時間7月1日のナイジェリア戦。それから先は、まだ誰にも分からないところまで来ました。さすがのフランスは、ユニフォームもとてもシック、クラシックなブルーの一色にさりげない刺繍だけ。このセンスに目が釘付けになっています。サッカーもラグビーもフィギュアスケートも大好き、とにかくパッション溢れる美しいスポーツが好きです。

今日は、お客さまからCustomer’s Voiceも頂戴して、すべてが一段落してほっとしました。幸せな日になりました。ありがとうございました。

今週はお天気が目まぐるしい一週間。お疲れさまでした。

長い時間 眠っていた素材

vertdanse_1

Applejamで制作したなかから、ピックアップした制作を集めた CRÈATION LEJに、 Vertdanse を載せました(別ウインドウが開きます)。

私が使う天然石素材は、ずっと前からあまり変わっていないようで、どこかゆらゆらと揺らめくような色調だったり内包物がひそんでいたり、カットが荒削り、実は荒削りのように見えるところが私にとっては深い静謐感を感じさせたりします。このネックレスに使った素材はとくにそうで、だからこそ、慈しむように細かな手仕事をしました。

サファイアやムーンストーン、オパールなどがとても好きです。ラブラドライトやアマゾナイトも、どれもみな好きです。トーンが、何となく似ているようです。とくに、掌で愛しむような制作を時々ふとしたくなります。不揃いなけしパールや小さなちいさなムーンストーンのかけらのような粒も、同じお店で、奥の方から出して頂いたものでした。

トップに使ったアベンチュリンは、3粒ほど買いましたが、手元に残しているものには、うっすらとクラックのようなものがあります。その粒も愛しいのですけれど、お客さまにお届けしてから欠けてしまっては困るので、今は手元に置いています。アベンチュリンは、どこか惹かれる素材でもあります。パワーについては不勉強ですけれど、ほんのりとしたような発色が、グリーンに限らずピーチやレッドでも、主役のような脇役のような、不思議な、でも大切な役目のような何かを持っているような気がして好きです。

LeJの素材の箱には、まだまだ、そんな、いろいろなストーリーを持った素材が眠っています。

ブルートパーズ

Adeline_1

Applejamで制作したなかから、ピックアップした制作を集めた CRÈATION LEJに、 Adeline (アデリーヌ)を載せました(別ウインドウが開きます)。

トパーズはとても贅沢な素材なので、思い切った制作でした。パイライトを添えることでなめらかなアールを描けるようにして、同時に、お手持ちのゴールドのネックレスと重ねたり、さらには革のネックレスとの重ねづけなど、カジュアルダウンしてもお着け頂けるアクセサリーにしました。でも、このカジュアルに「ダウン」するというのは、ちょっと違うような気もします。カジュアルはカジュアル、十分素敵なコーディネートです。

このネックレスを包む時の、なんとも言えない輝きは、今でもしっかり覚えています。いつか、髪が真っ白になった時に、こんなネックレスをロングにしたり幾重にもデコルテに重ねて着けたり出来たら、最高に格好良いだろうと思います。

今日で、お休みを頂戴する前の、アクセサリーのお届けが終わりました。最後にお届けしたLèa は、もっとも長いお付き合いを頂いているお客さまにご購入頂きました。個人的にも、とても好きな仕上がりのブレスレットで、とくにクリアクオーツとホワイトジェイドのカットは秀逸だと思っています。大人の女性にこそ似合うアクセサリーを、これからも丁寧に作ってゆきます。

さて、明日はちょっとからだと頭を休ませてから、しわにならないよう最後に詰めるワンピースなどの、パッキングの仕上げ。週末には美容室に。

沖縄では、梅雨が明けたそうです。いよいよ夏本番が近づいています。

アクセサリー ご予約のお知らせ

24日の diary 掲載の Lèa ブレスレットは、ご予約によりご購入済みとなりました。有難うございました。

※ 追記: Lèa のアクセサリーページ を作りました。