私が書くdiaryをいつもご覧くださる方には見分けがつかれるかと思いますけれど、普段の写真にはiPhoneの画像が混ざっています。

出掛けた先でさっと撮ったものが多く、一眼レフとはまた違った、「そのとき」を撮ったものです。今日の画像は自由が丘の店の店内で撮らせていただいたもの。撮影の許可をいただいています。

20年間通い雑貨店がたくさんある自由が丘で、ここ数年で店がかなり入れ替わったなと思います。そして感じるのが「可愛いもの」が減ったこと。可愛いにもいろいろありますけれど、佇まいが可愛いというより見た目が可愛いものです。所謂ひと目でインスタ映えするようなもの。

個人的な意見を書くと、可愛いものは飽きます。なぜかと言うとその場に溶け込んで存在しているのではなくて、ただ可愛いからです。手を加えたり自分のライフスタイルにアレンジする余地がなく存在します。キラキラしたものは自分で輝きを持っているけれど、寄り添ってくれません。いつも主張するのでそばにあると疲れます。こんなことを書きながら、読んでくださる方に私がなにを言っているのか伝わるかしらとよく思います(笑)

取り留めのないdiaryを書きながら、今日も机に向かっています。

ONLINE STORE
LeJ Homepage