(画像のアクセサリーは完売しました)

7月もきょうで終わり。

ここ数ヶ月はあえてdiaryで一ヶ月を振り返ることをしなかったのですけれど、今月は書いてみようと思います。読んでくださる方への発信と同時に、いつか振り返って読み返す日のためでもあります。

書いても涼しくなるわけではないと分かってはいても、とにかく暑い日々でした。過去形で書いても、まだまだ連日35℃前後の予報が並んでいます。でも、不思議なことにさほどばててはいないことを考えてみると、そういえば昨夏に真剣にジムに通って以来なのです。年末に気管支から病院でクリスマスを過ごした以外は、この暑さでも食欲が落ちることなくタンパク質やミネラルのゆたかなお食事を摂ってすごしています。

diaryでも書いた、ジムに通う高齢のかたと病院にいるかたとの大きな差。この経験は私の意識を大きく変えました。生活のすべてが変わり、ダイエットをしなくても食べても体重をキープする意思を持つようになりました。もともとダイエットがきらいだからそうしなくてもよいようにする、大掃除がきらいだから普段からこまめに掃除をする、まったく同じ動機です(笑)

この一ヶ月は設えの工夫もしました。外から帰ると室内に残る熱気、これをなんとかしたいと思って遮光性の高いカーテンを買いました。小窓にもリネンの布を挟みました。遮光性の高いカーテンも色はベージュなので部屋を重く見せることもなく、もっと嬉しいのは朝の強い光で早くに目が覚めてしまうこともなくなったことでした。替えたカーテンはほかの部屋に使ったり、副産物として徹底的に整理したクローゼットに仕舞いました。

7月はあたらしい制作をあまりdiaryに載せられなかったのですけれど、オーダーメイドや再制作をしていました。お届けを済ませて、秋に向けてデザインを考えてみようと思っています。

写真のネックレスは、レッスンで生徒さんがたのご希望により素材を揃えて作ったものや空いた時間に少しずつ作っているロングネックレスなど。このような制作はなかなか普段は作れないので、ご希望がおありのかたはホームページからオーダーメイドでお申し付けいただければと思います。

そしてもうひとつ嬉しいことは、『カーネーション』の再放送が復活したこと。私はこれをずっとずっと待ちかねて、NHKに電話をして問い合わせたほどでした。このドラマに出て来る糸子は私の人生の師である亡き祖母とよく似ていて、戦争から還らなかった祖父の分まで和裁と洋裁の先生をして3人の子を育て、いつも美しい反物と仕立物に囲まれお針箱をそばに置き100才まで元気に生きた祖母を思い出させます。ドラマの舞台は岸和田市で祖母はそこからさほど離れていない堺市に住み、一年を通して庭に花やくだものを育てて私に食べさせ愛しみ可愛がってくれました。

さて8月。体力勝負の夏であるだけではなく、きらきらする海のような素敵な夏をすごせたらと思います。

ONLINE STORE
LeJ Homepage